エピテーゼ海外進出です!

皆さまこんにちは。

弊社エピテーゼ(人工ボディーパーツ)が中国でも展開されることになりました。

上海の一美整形外科医院
院長 ZOU LI JIAN先生(以下ゾウ先生)です。

形成外科専門医でもあり歯科医師でもあります。

中国上海の交通大学医学部を卒業
自身の外科医院の他に原第上海九院整形外科教授も務めていらっしゃいます。

整形外科とありますが日本でいう形成外科医です。

ゾウ先生は耳再建、小耳再建、鼻再建をはじめ美容整形や失敗整形の再整形なども手掛ける中国の整形外科(形成外科)の第一人者です。

ゾウ先生の一美整形外科医院には中国全土から患者が集まります。
ゾウ先生は自身で行う手術の他に、適合しない患者様には以前から自らエピテーゼ(人工ボディーパーツ)を製作し提供もしてこられました。
昨年上海で開催された「第一回中国国際輸入博覧会」の弊社出展ブースで池山メディカルのエピテーゼを見て自身の患者様に提供したいとこの度提携をすることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は毎月一度日本から上海へ技術者が出向き一美整形外科の患者様のエピテーゼを製作しています。

患者様は耳の再建手術のやり直しや、小耳症など様々です。

患者様に喜んでいただけるよう日本国内同様に中国やアジアの患者様にも喜んでいただける製品を提供していきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

企画開発部(エピテーゼ部門) 部長 小澤豊克
営業部 加藤

人工ボディパーツ【耳】

人工ボディパーツ(エピテーゼ)
左耳 後天性欠損

装着方法:接着剤・粘着剤を使用しない金属ワイヤーでの装着
※弊社の耳エピテーゼの装着方法は、
①接着剤・粘着剤を使用する方法
②接着剤・粘着剤を使用せずに目立ちにく細い金属ワイヤーで維持する方法の2通りがございます。
どちらの方法でもマスク・メガネ着用可能です。

【BEFORE】

【AFTER】