投稿

【エピテーゼ テレビ放映のお知らせ】3月22日(月)TBS系列にて放送

昨年東海地方で放送された池山メディカルのエピテーゼ(人工ボディパーツ)特集が全国放送としてTBS系列にて3月22日(月) 11時45分JNNニュース内で放送で放送されました。
この度の撮影、取材にご協力いただきました皆様、誠にありがとうございます。

放送番組
3月22日(月) TBS系列「1145JNNニュース」 内にて

下記 YOUTUBE(TBS NEWS)リンクにて放映内容ご覧いただけます。

YOUTUBE 動画【公式 TBS NEWSチャンネル】

第64回「日本形成外科学会総会・学術集会」出展のお知らせ

第64回日本形成外科学会総会・学術集会に企業出展致します

ご来場の先生方へ
●出展の見どころ
眼窩部、耳介、鼻、指、乳首、乳房、熱傷痕などの身体の一部を欠損された方へオーダーメイドのエピテーゼを提供しております。人体に無害なシリコーンを使用し、あらゆる部位を医療現場との連携で製作致します。また自家組織乳房再建システム(MT計量法)を提供します。

●会場 : ホテル椿山荘東京   会長:朝戸 裕貴教授(獨協医科大学形成外科)

●会期 : 2021年4月14日(水)  ~4月16日(金)

●展示場所 : バンケット棟 4階 雅 展示室

●展示内容
エピテーゼ全般(人工ボディーパーツ、人体補綴具)
オーダーメイド人工乳房・既製人工乳房 ブレスト288・乳房パッド・既製人工乳首・オーダー乳首(ニップル)・乳房再建MT計量法システム等

医療者向けに症例写真等もご覧いただけます。

今年も人工ニップルサンプル製作体験を実施しています。製作したサンプルはお持ち帰り頂けます。

第64回日本形成外科学会学術総会公式HPリンク

人工ボディパーツ【耳】マスク・ウィッグ着用

人工ボディパーツ(エピテーゼ)

左耳 火傷

装着方法:接着剤・粘着剤を使用しない金属ワイヤーでの装着

【BEFORE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【AFTER】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【マスク着用】

東京オフィスにてエピテーゼを製作できます ※耳エピテーゼのマスク・ウィッグ着用症例ご紹介【症例写真あり】

池山メディカルジャパン東京にて耳エピテーゼ製作症例のご紹介

今回は、池山メディカルジャパン東京営業所にて耳エピテーゼをご製作されたお客様のご紹介です。

火傷により耳を欠損され、関東圏の病院よりご紹介いただきました。

●東京営業所のご紹介

池山メディカルジャパンでは、患者様の通院されている病院施設内にて、医師の立会いのもとエピテーゼ製作作業を行う場合が多いですが、東京営業所・名古屋営業所での対応も行っておりますので是非お気軽にお問合せください。

完全予約制でエピテーゼ専門の技術者が東京営業所にて定期的にエピテーゼご相談・ご製作をおこなっております。

頭頸部、顔面、眼窩部、耳、鼻、乳房、乳首、手、指、足、爪、アザや火傷痕のカバーなど、様々な部位のご相談に対応しております。

 

 

 

 

 

 

 

池山メディカルジャパン 東京

〒110-0005東京都台東区上野1-9-2

BILBOT BLDG.(ビルボビル)7階

エピテーゼ専用窓口:052-799-3715

アクセス

千代田線・湯島駅より徒歩2分

銀座線・末広町駅より徒歩4分

銀座線・上野広小路駅より徒歩4分

大江戸線・上野御徒町駅より徒歩5分

JR御徒町駅より徒歩7分

JR上野駅より徒歩7分

●耳エピテーゼ症例のご紹介

今回ご紹介するお客様は左耳に火傷を負い、耳上部を欠損されました。

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスクを着用することが必要となってきている中、マスク着用が可能な耳エピテーゼのご製作をご希望されました。

装着方法は、前回のブログで掲載させていただいた愛知県のお客様の症例(小耳症)と同じく、接着剤・粘着剤を使用せず、金属ワイヤーでの固定方法を採用しております。

こちらの記事もご覧ください(リンクあり)

≪装着前≫

 

 

 

 

 

 

 

 

≪装着後≫

 

 

 

 

 

 

 

 

※ウィッグを着用することで火傷痕がより目立たなくなっています

≪マスク着用≫

 

 

 

 

 

 

 

 

※マスクも問題なく着用できました