投稿

【テレビ放映のお知らせ】2月13日(土)TBSにて放送予定

TBSにて2月13日(土) 11時45分JNNニュース内で放送です 

昨年東海地方で放送された池山メディカルのエピテーゼ特集が明日全国放送としてTBSテレビで放送されます。

放送予定
2月13日(土) TBS「1145JNNニュース」 内にて

今回の特集は製作の初期から納品まで、複数の患者様にご協力を頂きながらの長期取材でした。

放送では手、耳、顔(眼窩部・義眼)の患者様へのエピテーゼ製作を中心に製品のこと、技術者の姿勢、本物に限りなく近づける為の多工程の製作プロセスなどお伝えできればと思います。是非ご覧下さい!

撮影、取材にご協力いただきました皆様、誠にありがとうございます。

エピテーゼ製作会社の選び方とポイント

池山メディカルジャパンでは、他社でエピテーゼを製作したけれど思ったよりも上手くいかなかった方や、他社のエピテーゼ製品の仕上がりに満足いかなかった方がご相談に来られることも少なくありません。

今回の記事では、より満足のいくエピテーゼを作るための、エピテーゼ製作会社の選び方・ポイントをお伝えできればと思います。

みなさんはどのようにエピテーゼ製作会社を選ぶでしょうか。
・価格
・技術力
・自宅や職場からの通いやすさ
・製作会社の雰囲気

人によって重視するポイントは違うかもしれません。全て重要な部分ですが、もし技術力を重視するのであれば、エピテーゼ会社によって技術力や経験値に大きな差があるということを知っておく必要があります。
全ての会社の技術や経験が均一ではないということです。
技術力によってエピテーゼのリアリティー、装着感、身体への馴染みやすさなど良し悪しの全てが決まってしまいます。

とはいっても、何を見て選べばいいのか、一般の方には難しい面もあるかと思います。
そこで、重要なポイントをまとめてみました。

☆ポイント1【症例写真と製品サンプルの質と数】

症例写真を見ると各社が今まで製作してきたエピテーゼの実績と歴史がわかります。
エピテーゼ製作には、技術者の技量と経験値が重要になります。
そのためホームページの製品写真や製品サンプルだけで判断することには注意が必要です。
なぜなら、ホームページの製品写真や製品サンプルは、技術者の造形力などの技量を測る一つの判断材料にすぎないからです。
製品写真だけでは、技術者が今までどれだけのお客様に携わり、どのような症例のエピテーゼを製作し、また独自の工夫を重ねてきたのかを知ることはできません。
会社によっては、ほぼ臨床経験がないまま疑似的に製作した製品サンプルをホームページに載せて起業している場合もあります。
そのため、症例写真がない、または少ない会社の場合、慎重に見極めなければなりません。
多くの症例写真、製品サンプルを提示できる会社であれば、装着イメージや技術者の技量が判断しやすいため安心して製作依頼ができると思います。
その際に、ご自身のお悩みの部位以外の症例写真、製品サンプルも参考のために見せてもらうとよいでしょう。
また、身体のあらゆる欠損部位の症例を手掛けている会社ほど技術力が高いと言えるでしょう。

☆ポイント2【技術者が親身に要望を聞いてくれるか、技術的な提案をしてくれるか】

満足のいくエピテーゼを作るためには、エピテーゼ技術者との打合せが必須となります。
どの部分に悩みがあって、どのような仕上がりが希望なのかをしっかり聞いてもらえるか。またそれに対してメリットやデメリットがあるのか、分かりやすい説明で、エピテーゼの装着方法等を時には複数提案してもらえるのか。面談時には、症例写真と製品サンプルを見ながら十分な打ち合わせをすることが重要です。
どのような場面で多く使用するのかどのようなデザインにしたいのか細かく相談して下さい。
経験値の高い技術者であれば、メリット、デメリットを含めて丁寧に説明してくれるはずです。

エピテーゼは、基本自費となる高価な製品です。

面談時の説明と装着イメージが異なるなど、粗悪な製品を提供する会社を選ばないためにも、可能であれば複数の会社を訪問し、症例写真や製品サンプルを見て、技術者の技量や経験値を考慮し慎重にエピテーゼ会社を選んで下さい。

私達は、エピテーゼを必要とされるすべての方が、質の良いエピテーゼを手にされることを願っております。

※症例写真は、個人情報となるためホームページでは掲載できない場合もあります。
弊社では、お客様に許可をいただいた症例のみを掲載しております。
ご面談時には、多くの症例写真をご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エピテーゼ専用窓口

(株)池山メディカルジャパン 企画開発部
担当 小澤豊克(おざわとよかつ)、歌岡緑(かおかみどり)

お電話でのお問い合わせはこちら
052-799- 3715

ご面談、型取り、フィッティング等の作業は、お客様 ( 患者様 ) の通院されている病院施設内にて医師立ち会いのもと行います。
欠損部位や患部の状態によっては、弊社営業所 ( 東京、名古屋) でのご面談、型取り、フィッティングも可能な場合がございますのでご相談下さい。

東京
〒 110-0005
東京都台東区上野 1-9- 2BILBOT BLDG.( ビルボビル ) 7階

名古屋
〒 460-0008
愛知県名古屋市中区栄一丁目 7 番 25 号 サンミソノビル 401 号

エピテーゼの作り方~鼻エピテーゼの彫刻(毛穴の表現)編~

エピテーゼの作り方~鼻エピテーゼの彫刻(毛穴の表現)編~

 

 

 

 

 

 

 

今回は、鼻エピテーゼのリアルな彫刻についてご紹介します。
(株)池山メディカルジャパンのエピテーゼは、彫刻にとことんこだわって製作しています。 彫刻の細部にまでこだわることで、人体パーツとしての形状が本物に近づくことはもちろん、よりお客様のお肌の質感に近く、装着しても違和感のない自然なエピテーゼに仕上がります。
反対に、彫刻が単調であったり表面の処理が甘いと、一気にエピテーゼに作り物感が出てしまうのです。

今回ご紹介するのは、鼻エピテーゼの彫刻の表面処理の工程です。
今回の彫刻で使用している素材は油土です。
凹凸のあるシリコンシートを使用して、鼻の毛穴の表現をしています。スタンプの種類は沢山あり、お客様の性別や年齢、お肌の質感に合わせて使い分けています。
この表面処理の工程を丁寧に緻密に行うことにより、完成したエピテーゼに色を塗った時に陰影がよりリアルに出ます。
色を塗って、肌の陰影を表現する事もできますが、表面処理を緻密に行なっているのといないのでは、仕上がりに大きく差が出るのです。
池山メディカルジャパンで採用している10色のシリコーンを使った内部着色+外部着色をする方法なのです。

(株)池山メディカルジャパンでは、患者様の通院されている病院施設内にて、医師の立会いのもとエピテーゼ製作作業を行う場合が多いですが、東京営業所・名古屋営業所での対応も行っておりますので是非お気軽にお問合せください。 完全予約制となっておりますが、エピテーゼ専門の技術者が東京営業所、名古屋営業所にて定期的にエピテーゼ相談・ご製作をおこなっております。 頭頸部、顔面、眼窩部、耳、鼻、乳房、乳首、手、指、足、爪、アザや火傷痕のカバーなど、様々な部位のご相談に対応しております。

(株)池山メディカルジャパン 東京
〒110-0005 東京都台東区上野1-9-2
BILBOT BLDG.(ビルボビル)7階
エピテーゼ専用窓口:052-799-3715
メール:info@ikeyama-mj.com
アクセス :
千代田線・湯島駅より徒歩2分
銀座線・末広町駅より徒歩4分
銀座線・上野広小路駅より徒歩4分
大江戸線・上野御徒町駅より徒歩5分
JR御徒町駅より徒歩7分
JR上野駅より徒歩7分

(株)池山メディカルジャパン 名古屋
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目7番25号
サンミソノビル401号
エピテーゼ専用窓口:052-799-3715
メール:info@ikeyama-mj.com
アクセス :名古屋市営地下鉄伏見駅6番出入口より徒歩3分

エピテーゼ製作時の対応について(新型コロナ)

二回目の緊急事態宣言下のエピテーゼ製作時の対応について

 

 

 

 

 

 

 

この度、1月8日に関東の1都3県、加えて1月13日には弊社本社のある愛知を含めた東海、関西を中心に緊急事態宣言が発出されました。

弊社でも昨年から引き続き感染対策の徹底と、お客様対応前には改めて検温及び消毒処理を行い業務にあたっております。

現状、上記対応を徹底した上で名古屋、東京の二拠点及び出張でのお客様対応は継続しております。
また病院内で作業するお客様は各病院で対応が異なるため事前に製作担当者よりお客様へご連絡を致します。
(出張の際は公共交通機関の利用はなく、全て車を利用しています。)

製作日当日朝にはお客様ご自身で体温チェックをしていただき、何か異常がございましたら下記までご連絡下さい。その際は製作の延期をお願いすることもございますので予めご了承下さい。

また現在製作途中のお客様、現在製作を検討されているお客様に関しましてもご不安に思われることがございましたら下記窓口まで何なりとご相談下さい。

エピテーゼ専用窓口
(株)池山メディカルジャパン 企画開発部
担当 小澤豊克(おざわとよかつ)、歌岡緑(かおかみどり)

お電話でのご相談はコチラ
052-799- 3715

メールでのご相談はコチラ
info@ikeyama-mj.com

CBCテレビ 11月26日(木)『チャント!』にて放送予定です

CBCテレビ 11月26日(木) 「チャント!」にて放送予定

池山メディカルのエピテーゼをCBCテレビで取材して頂きました。

放送予定
11月26日(木)「チャント!」 15:49~19:00
放送地域:愛知、岐阜、三重

東海地方でおなじみの大石キャスターの番組です!
番組内のコーナーで取り上げていただく10分ほどの放送になる予定です。

今回は製作の初期から納品まで、複数の患者様にご協力を頂きながらの長期取材でした。

放送では手、耳、顔(眼窩部・義眼)の患者様へのエピテーゼ製作を中心に製品のこと、技術者の姿勢、本物に限りなく近づける為の多工程の製作プロセスなどお伝えできればと思います。是非ご覧下さい!

撮影、取材にご協力いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 

NHK Eテレ『ハートネットTV』 2020年9月17日 再々放送のご案内

放送日変更のお知らせ
下記放送予定が変更になりました。


NHK Eテレ『ハートネットTV・がんサバイバーのQOL一歩、外に出るために』再々放送のご案内

2019年9月25日に初回放送されましたNHK Eテレ ハートネットTVの一部で弊社の人工乳房と眼窩エピテーゼ(義眼 皮膚付き)を取り上げて頂きました。

関心の高いテーマであるとともに多くの反響を頂きましたことからこの度再々放送(3回目の放送)が決まりました。

弊社の製品や取り組みが伝わる内容にもなっています。是非ご覧下さい。

テレビ放送日:2020年9月24日 2020年9月17日(木)13:05~13:34 ETV(教育テレビチャンネルです)

インターネット配信:NHKプラス 同時配信&見逃し配信9月24日から7日間 9月17日~9月24日13時34分まで
NHKプラスはコチラ

 

 

眼窩エピテーゼ(義眼)について テレビ取材を受けました

テレビ取材 眼窩エピテーゼ(義眼)について

この度東海地方のテレビ局より取材依頼を頂き只今撮影の最中です。

本日は製作工房内での撮影でした。

今回取材して頂くのは顔面のエピテーゼです。

上顎洞がんにより眼窩部(眼球の収まるくぼみ)を摘出されたお客様に義眼と周辺の皮膚をエピテーゼで再現していく様子を撮影していきます。

番組では眼窩エピテーゼの作り方を順に少しずつお見せしながら、実際に使われるお客様にも撮影のご協力を頂きドキュメンタリーのような構成の番組になる予定です。

弊社では義眼も一から自社で技術者が製作しています。
義眼は顔の印象を左右する最も重要なパーツで、お客様の瞳の印象、つまり瞳孔の見せ方、虹彩の再現(瞳孔の周りの色)、白目の血管の再現など忠実に行います。

まつ毛に関しても一連の「つけまつげ」を貼り付けるのではなく一本ずつ植毛して左右のバランスを取っていきます。

細かいことのようですが、細かい部分の忠実な再現の積み重ねが製品となって装着したときの差になって現れます。

番組の放送日などの詳細はまだ決まっていないためまた後日お知らせ致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工ボディパーツ【耳】マスク・ウィッグ着用

人工ボディパーツ(エピテーゼ)

左耳 火傷

装着方法:接着剤・粘着剤を使用しない金属ワイヤーでの装着

【BEFORE】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【AFTER】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【マスク着用】

東京オフィスにてエピテーゼを製作できます ※耳エピテーゼのマスク・ウィッグ着用症例ご紹介【症例写真あり】

池山メディカルジャパン東京にて耳エピテーゼ製作症例のご紹介

今回は、池山メディカルジャパン東京営業所にて耳エピテーゼをご製作されたお客様のご紹介です。

火傷により耳を欠損され、関東圏の病院よりご紹介いただきました。

●東京営業所のご紹介

池山メディカルジャパンでは、患者様の通院されている病院施設内にて、医師の立会いのもとエピテーゼ製作作業を行う場合が多いですが、東京営業所・名古屋営業所での対応も行っておりますので是非お気軽にお問合せください。

完全予約制でエピテーゼ専門の技術者が東京営業所にて定期的にエピテーゼご相談・ご製作をおこなっております。

頭頸部、顔面、眼窩部、耳、鼻、乳房、乳首、手、指、足、爪、アザや火傷痕のカバーなど、様々な部位のご相談に対応しております。

 

 

 

 

 

 

 

池山メディカルジャパン 東京

〒110-0005東京都台東区上野1-9-2

BILBOT BLDG.(ビルボビル)7階

エピテーゼ専用窓口:052-799-3715

アクセス

千代田線・湯島駅より徒歩2分

銀座線・末広町駅より徒歩4分

銀座線・上野広小路駅より徒歩4分

大江戸線・上野御徒町駅より徒歩5分

JR御徒町駅より徒歩7分

JR上野駅より徒歩7分

●耳エピテーゼ症例のご紹介

今回ご紹介するお客様は左耳に火傷を負い、耳上部を欠損されました。

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスクを着用することが必要となってきている中、マスク着用が可能な耳エピテーゼのご製作をご希望されました。

装着方法は、前回のブログで掲載させていただいた愛知県のお客様の症例(小耳症)と同じく、接着剤・粘着剤を使用せず、金属ワイヤーでの固定方法を採用しております。

こちらの記事もご覧ください(リンクあり)

≪装着前≫

 

 

 

 

 

 

 

 

≪装着後≫

 

 

 

 

 

 

 

 

※ウィッグを着用することで火傷痕がより目立たなくなっています

≪マスク着用≫

 

 

 

 

 

 

 

 

※マスクも問題なく着用できました

マスクとメガネが着けられる、お手入れいらずの耳エピテーゼ【症例あり】

マスクとメガネが着けられる、お手入れいらずの耳エピテーゼ(義耳)です【症例あり】

この度マスク着用の目的を含みエピテーゼをご検討されたお客様の症例をご紹介致します。
宣言解除後にご相談に来られ、先日納品させて頂き大変喜んで頂きました。

今回の症例(小耳症)は、接着剤、粘着剤を使用せずに固定しております。
患者様のご希望により接着剤を使用しない、金属ワイヤーでの固定方法を採用しております。
金属ワイヤーは、細く丈夫な素材で髪の毛に馴染みやすく目立ちにくいものを使用しています。
接着剤を使用しないため、使用後の接着剤除去などクリーニング等のお手入れが必要がありません。
日々、お気軽にご使用いただけます。

マスクやメガネの装着も可能です。
また、固定方法につきましては、初回面談時に患部の形状や使用場面など、ご相談しながら製作を進めさせていただきます。

他の症例について今後も許可頂いた例については随時ご紹介していきます。

【BEFORE/AFTER】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※髪の毛を耳の前にだすことでエピテーゼがより自然に見えます。